特定のお客さんを乗せるハイヤー運転手

旅客自動車の中でタクシーとハイヤーがありますが、この二つの違いをご存じでしょうか。

どちらも個別輸送機関に位置づけられており、特定のお客さんのために送迎をする乗り物のことです。タクシーが走った距離に応じて料金が決まり、乗車するためには予約もできますが、一般的には街中で手を上げて拾うことができます。ハイヤーは利用した時間で料金が決まります。

乗車するには必ず予約をしなければならないところがタクシーとの違いです。

今話題のハイヤーの運転手をあなたに紹介致します。

ハイヤーの運転手はタクシーのように街中を走ってお客さんを見つけるのではなく、営業所で待機をしていて仕事が入ってから出庫をします。


事前にお客さんの名前や迎え先の住所、行き先や立ち寄り先などを確認してから向かいます。
お客さんを乗せる前に行き先を地図で確認できるので運転手としては助かるでしょう。

ただ地図で調べられるということは道を間違えてはいけないということでもあり、責任が重くなることでもあります。
運転手は車内でお客さんにむやみに話しかけてはいけません。



お客さんは移動だけでなく車内空間に対してお金を払っているのです。

運転手はお客さんには車を貸し切って車内で自分の自由に過ごしてもらうように気を配らないといけないのです。


優しい運転を心がけ揺れないように気をつけます。

急加速や急減速をしないように周りの車の動きに気をつけて走らせます。
ルートや到着時間などお客さんが気になっているようなら適宜案内して安心して乗っていてもらうようにします。